NFTで日本を救う!⓵

賛否あると思いますが、私は日本の将来を案じている派のひとりです。

界隈の皆さんがおっしゃっておられる通り、日本人はここ30年で世界に認められる多くのIPを誕生させましたが、一方で年功序列や高度経済成長にあぐらをかいた我々世代は新しいITビジネス等を生み出すチャンスをことごとく逃してきました。
日本は英語に弱い、税制が古い、というのは言うまでもなくその要因に含まれていたとは思いますが、それについても国民ひとりひとりが自責の念をもって政治や教育制度に対して意見を述べたり議論することを避け、あるいは善しとしない風潮(まさに年功序列)みたいなものが結局、足かせとなるだけでなく、それらを政治家や海外の責任にする他責思考を芽生えさせる文化を形成していったのではないかと推察します。

ただ、もともと繊細な感覚を持ち合わせ、自然に同調性強めのコミュニティを作ることが得意な日本人は、NFTを中心に置いたDAO領域で世界をリードしていくことができる民族であると感じています。ただこれは、チャンスを逃さなければ、です。

2022年10月現在、そのチャンスはまさに今訪れているのだと思います。
まずは私自身はアイデアで勝負したいと思っています。
日々VoicyやTwitterなどで最新情報をインプットした上で情勢を正しく理解、整理し、様々な角度からNFTの有効利用について考えます。
ただ、せっかく思いついても私自身の知識が少なくて、なかなか形にできない。困ったものです。

なので、形にできる方々がこれらをご覧いただき、何かヒントになることがありましたらぜひ取り入れて活動いただけたらと発信させていただく次第です。

発展にはスピードがとても大事なフェーズにあるため、このような手段を取りました。
アイデアは思いつき次第、掲載してまいりますが現状では以下のようなものです。

アイデア⓵誕生日に変化するNFT、渡したい方の誕生日当日にリビールすることが組まれている。ブロックチェーンに刻まれた消えることのない相手への感謝の言葉(手書き)をNFT化するサービス。

アイデア⓶プロポーズ時に相手に渡すNFT(指輪みたいな絵?)断られたら即BURNされ、その価値は上がっていく。

アイデア⓷交換し合うことを前提としたNFT。未知の転送回数でリビールされる仕様となっている。同じウォレットには戻せない。たまたま仕込まれた転送回数に到達した者がラッキーあるいはアンラッキーな体験をすることができる。

アイデア⓸揃えると変化するNFT。ISEKAIやCNPにも既にありましたがそれらとはまた違ったとても安価でたくさん購入(あるいはもらえて)可能で、NFTが商品との引換券的になる感じのもの。

アイデア⓹七福神やギリシャ神を模した数量少ないNFT⇒まれに貧乏神やサタンに変化してその価値を下げる(逆に上がるかも)

アイデア⓺童話や物語そのものを作っていくNFT。

アイデア⓻既に一度バブルを経験し、その後、急落してその価値を失ったNFTを復活させる企画。日本で作られた過去に価値の高かった(今は無価値の)NFTを例えば10種類もっているとそのウォレットでのみゲットできるWL/AL権利が発生する。揃えなければならないNFTの種類(プロジェクト)は伏せているが数量だけはカウンターで確認できる。他人のウォレットを積極的に見に行くことを促す。落ちたNFTを救う横串の企画。

今日はここまで、また思いついたら無責任に書いていきます!




インテリジェントベイプ




フォローいただけますと励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です