NFTがデジタル資産になる訳は?

NFTはノンファンジブル・トークンの略です。ファンジブルが代替え可能という意味なのでノンファンジブルは「代替え不可能」つまり、ひとつひとつが固有で唯一無二ということ。トークンには代用貨幣や引き換券などの意味もありますがここでは「世界にひとつだけのデジタル資産」と訳されます。現在、最も広く流通しているデジタル資産といえばビットコインやイーサリアムなどの暗号資産です。暗号資産の場合、Aさんがもっている1ビットコインとBさんがもっている1ビットコインは円やドルなどの現金通貨と同じように当たり前ですがまったく同じ価値のものです。なのでたとえばAさんとBさんのビットコインを入れ替えたところで何の支障もありません。そのため暗号資産はファンジブルトークン、代替え可能なデジタル資産と呼ばれるわけです。

NFTも暗号資産もブロックチェーンという技術が使われているのですが、NFTは暗号資産とは違いブロックチェーンの中にいわば個別のデータが記録されています。それによってひとつひとつのデジタル資産はそれぞれが固有のもの、入れ替え不可能なものになっています。




フォローいただけますと励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です