NFTの二次流通

NFTマーケットプレイスなどにおける、一度販売されたものの再度の流通。一次流通は企業が商品を仕入れて(NFTの場合ならDAO組織などが創って)、インターネットなどを通じて販売するもので、今まではこの一次流通が経済活動の主流でしたが、これからは二次流通がその経済活動に占める割合が高くなると考えられています。インターネットの普及によって、とりわけ個人間 (CtoC) の二次流通の規模は拡大しており、メルカリやヤフオク! などは多くの人々に知られています。2018年度に日本の二次流通の総額は2兆円を超えました。特に、アパレル系の成長率は著しいものとなっています。また、いらなくなったものは捨てるという考えから、それを再利用するという考えへの転換(環境問題との関連性)の方法論としても、二次流通市場の役割は大きいと言えます。NFTにおいては二次流通は当たり前のようになるでしょう。


フォローいただけますと励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です